OUR COFFEE 

- 思い描いてきた味を目指して -

コーヒーの味はカフェをするにあたって、最もこだわりました。

思い入れも深く信頼できる企業にお願いしようと考え、すぐに浮かんだのが地元の「レ・ユニオンコーヒー株式会社」でした。同社社長は、以前から「この人と取引したい」とずっと思ってきた人でした。

取引を決め、担当者と初めて会ったその日、ずっと思い描いてきた「苦味の中に甘さを、軽やかさの中にコクを、強いボディに柔らかく長い余韻を感じる、それらを円の中に収めた心がほぐれるようなコーヒー」をリクエストしました。今考えれば、相反する味を1杯のカップの中で表現するという無理難題を依頼したものです。しかし同社はそれに真摯に向き合い、思い描いた通りのコーヒーを見事にブレンドしてくれました。こうしてVulca CAFEのシグネチャーブレンドは完成しました。

- 茶道のように淹れる -

遠い地の生産者から焙煎士、ブレンダーを経てわたしたちへ。たくさんの想いを受け継ぎ、お客様へとお届けする最後のプロセスとして、Vulca CAFEではハンドドリップで最高の味わいに仕上げます。

わたしたちはその美味しさや味わいはもちろん、所作の美しさも大切な要素であると考えます。厨房一体型の店舗だからこそ、ドリップの段階からお客様へのおもてなしとして、心を研ぎ澄ませて一杯のコーヒーに向き合います。こうして紡がれる一連の所作は茶道の世界にも通ずるものです。

- イエローのラ・マルゾッコ -

店内に入った瞬間、まず目に留まる黄色いエスプレッソマシンもこだわりの一つです。

機能性はもちろんのこと、シンプルにカッコいいデザイン、そしてハッピーになれる色がマシン選びの決め手となりました。専用ブレンドをマルゾッコで抽出した当店のエスプレッソは、香り高く濃密でクリーミーな味わいをお楽しみいただけ、ラテはもちろん、アレンジドリンクやアフォガートといったデザートでも使用しています。ハンドドリップ同様、お客様へのおもてなしとしてその所作も日々追求しながら。

 

Vulca CAFEのコーヒーがこれからも皆様の日常をデザインする一杯になれば幸いです。